高品質宝石・裸石の専門店ジュエルクライムが世界から入手困難な稀石!ターフェアイト!!(Taaffeite) 宝石ルースを直輸入価格でお届け致します。

宝石・ルースなら直輸入価格のルース屋さんジュエルクライム

人気検索キーワード :
サマーセール
ご注文時は送料無料が適用されておりません。受注後金額修正の上ご案内致します。
(会員様は特典割引5%OFF後の商品合計が1万以上が条件となります。ご注意下さいませ)
メルマガ登録
 

トップ > 入手困難な稀石!ターフェアイト!!(Taaffeite) 宝石ルース

入手困難な稀石!ターフェアイト!!(Taaffeite) 宝石ルース

ターフェアイト(ターフェ石)は、1945年、アイルランドの鉱物愛好家、ターフェ(Taaffe)伯爵の名前にちなんで名付けられた宝石です。

彼はスピネルに似ている、青みがかった紫色の宝石が、複屈折を示すことに気付き、それが新種の鉱物であると発見したのです。

産出された結晶からではなく、カットされたルースから、新鉱物が発見されたというエピソードは、宝石史上でも極めて稀、かつユニークな出来事として注目を集め、多くのコレクターが捜し求めることとなりました。

しかし、ターフェアイトは極めて稀産の宝石で、1980年代初頭には世界で10個程度、1983年ごろでも、大半が1〜3ct、最大でも10ctの石すべてを合計し、50個ほどが報告されただけであったほど、大変稀少な宝石でした。

現在は、世界各地のフェアで数個から10個ほどは見かけるようになりましたが、ターフェアイトが稀少な宝石であることに、依然変わりはありません。

さらには、美しい色彩を持ったターフェアイトの結晶に出会えることはめったになく、濃い紫やピンク、赤色の宝石と出会えたなら、是非とも手に入れたいものです。

ターフェアイト(ターフェ石)MgBeAl4O8

・六方晶系 ・モース硬度;8-8.5 ・光沢;ガラス光沢
・屈折率;1.719〜1.723 ・比重;3.61
・産地;スリランカ 他






全6件