高品質宝石・裸石の専門店ジュエルクライムが世界から非加熱ルビー(No heat ruby) 宝石ルースを直輸入価格でお届け致します。

宝石・ルースなら直輸入価格のルース屋さんジュエルクライム

人気検索キーワード :
サマーセール
ご注文時は送料無料が適用されておりません。受注後金額修正の上ご案内致します。
(会員様は特典割引5%OFF後の商品合計が1万以上が条件となります。ご注意下さいませ)


メルマガ登録
 

トップ > 非加熱ルビー(No heat ruby) 宝石ルース

非加熱ルビー(No heat ruby) 宝石ルース

 
非加熱ルビー
   
  非加熱ルビー
 
 

   
 

ルビーという宝石は皆様ご存知だと思います。
誰もがご存知である赤色の宝石です。

特にルビー、サファイア、エメラルドは誰もが知ってると言われるほど大変有名な宝石です。

また、歌手の寺尾 聰さんのルビーの指輪と言う曲も30年ほど前に大流行しました。
サファイアを宝石界の王子と例えるならば、ルビーは宝石界の女王とも言える存在感です。

そんなルビーですが、大きく分けると2種類のルビーが存在します。

”加熱”か”非加熱”この2種類です。

これは女性で言う、
お化粧を施した状態、お化粧をしていない状態
この状態に例えられます。

おおよそのルビー市場の割合としては非加熱が1割
加熱処理が9割と言われています。

希少性を問うならば非加熱の方が珍しくなりますが
しかし、希少性の要素だけでルビーを決定することは大変危険な行為です。

芸能界では一時期すっぴん写真が流行ったりしましたが、テレビに出演している綺麗な女優さんの姿に心奪われるか寝起きの姿に心奪われるか、これに関しては人次第です。

ルビーでも同様に加熱によって潜在的に持っていた魅力を引き出した状態(お化粧をした状態)

加熱処理をしていない状態(お化粧をしていない状態)

どちらがお好みかはお客様次第です。

中には一方的に 加熱=悪い 非加熱=良い
と考えられている方もいますが、実際の所は
加熱によって色調が美しく整えられている物、非加熱ですが色合いが曖昧な物もありますので、一概に非加熱・加熱どちらが良いとは申し上げることが出来ませんので注意が必要です。

その為、まずはルビーとして、好みのカラーか、好きなカットかを吟味し、自分が気に入ったルビーを見つけ、結果として、加熱なのか、非加熱なのかを確認し、手に入れるのがベストな方法と言えるでしょう。




【カラーストーンチャート】

希少性: ★★★★★★★★★
カラー: ★★★★★★★★
透明度: ★★★★★★★
輝き: ★★★★★★★
知名度: ★★★★★★★★★
人気: ★★★★★★★★★★

※宝石としての特徴を当店の独自の観点から10段階評価で表しています。
  ★の数が増えるほど評価があがります。
  個々のルースの評価ではありません。




【産地】
スリランカ、タンザニア、ミャンマー、アメリカ、アフリカ 他
【和名】
鋼玉
【モース硬度】
9
【光沢】
ガラス光沢
【屈折率】
1.762-1.770
【比重】
4.00

【その他のルビー】
非加熱ルビー非加熱ルビー
ルビールビー
ルビーカボションルビーカボション
スタールビースタールビー

全26件